読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強のたまてばこ

資格試験や趣味のお勉強について♪

シャープペン3種の使い心地

今日は文房具シリーズで、多くの方が使うシャープペンを取り上げてみたいと思います。特に学生さんはよく使うのではないでしょうか。

私も様々なシャープペンを使ってきましたが、特に印象に残ったもの、最近使っているものなどについて感想とともに紹介してみようと思います。

 

クルトガ

 

シャープペンでだんだん線が太くなってきたなく見えてしまう! という悩みに答えた商品。確かに細いままかけるので「おおっ!」という感動があります。

ただ、ずっと使ってみるとなんとなく使いにくさが気になってきます。

書いている時に芯が回転するという機能のため、ぐらつきます。力を入れて書いている時にぐにゃんとなる感じ。

あと、シンプルな見た目は素敵なんですが、グリップ部分に何もないので、力を入れて持っていると痛いです。仕事で一日中書き物をしている私だと中指が痛くなっている時もあるので、そこに細めの固い軸が当たると痛くなってきます。

グリップを柔らかくするためにプニュグリップを無理やり付けて使っています。

 持ちにくさを考慮しても、細い線で書き続けられるというのは魅力。それほど力を入れて持たない方などは使いやすいかもしれません。

 

ユニアルファゲル

 正式名称は知りませんが、たまたまスーパーの安売りワゴンに入っていて買ってみたシャープペンです。見た目地味だなと思ったのですが

グリップが気持ちいい~

さすがアルファゲルという感じ。

書き心地などに特筆すべきことはないのですが、とにかく持った感じが「ふわ~っ」としていて、指に優しくストレスにならない感じです。

中指が腫れあがってしまった時などに取り出して使います。痛みが少し和らぎます。ペンを持った時に痛みを感じる方(この時代にそうはいないと思いますが……)にはお勧め。グリップの硬さは何種類かあるようなのでお好みで。

難点としてはちょっと太くて重めなので重心のとり方が難しいところ。芯を出すのに本体を振ってシャカシャカして出すタイプなので、その構造上ちょっと重くなってしまうのでしょう。

 

Dr.Grip

 高校生の時から使っていて、今何代目だろうな?というほど買い替えて使っているシャープペンです。壊れるとかではなく、グリップ部分が黄ばんでしまい汚く見えてくるので買い替えています。半透明で白っぽいので黄ばみが目立ってしまうのですね。

指の当たる部分はあたりが柔らかくてよいです。アルファゲルほどの感動はありませんが、普段使いならこれで十分かと。

この上で紹介したアルファゲルよりも本体が若干細めで軽く感じます。同じように振って芯を出すタイプですからちょっと重さはありますがそれほど気になりません。慣れているからかな?

学生の時に芯を出そうとガチャガチャ振っていたら友人に「うるさい」と怒られたことがあります。静かにしたいところでは使わないほうがいいかも。

 

以上、私が机で使っている3種類のシャープペンについてでした。なぜシャープペンだけで3本も出しているんだという感じですが。このほかにボールペンとカラーペンがそれぞれ何本もありますからね~

ちなみに一番使っているのは多機能ペンに入っているシャープ芯だったりしますが。そのうち多機能ペンについても触れてみようと思います。