読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強のたまてばこ

資格試験や趣味のお勉強について♪

使わなかった手帳を活用してみる

文房具

手帳が好きなので、ついつい買い集めてしまって使わないものもいくつか出てしまいます。最近は100円ショップでもかわいいものがたくさん出ていますし、年が明けると値下がりしている手帳も見かけることがあります。そんなものをついつい買っていると使わないまま一年過ごしてしまうものも出てしまいます。そうでなくても途中までしか使っていない手帳なども出てきますよね。

そんな不要な手帳の再利用方法について取り上げてみます。

 

ほとんど使っていないもの

手帳としてではなく、お勉強に活用してみましょう。

ウィークリーの欄があるものなどは書き込みしやすいです。

語学ならその日やった重要な一文や単語を一つ書き込んでみましょう。たくさん書きすぎると結局覚えないので、確実に一つ覚えるように意識して書き込みましょう。続けていけば相当な数になるはずです。たまに見返してみるとよいでしょう。

私はラジオ講座を聴いていた時、習ったポイントを一つ書くようにしていました。

他の勉強なら、間違えたポイントやその日どうしても覚えておきたいことなどを書いてみるとよいです。

どうせ使わなかったものなので、気兼ねなく使えます。いらない手帳があったらとりあえず今日覚えたい事から書き込んでみましょう。

 

ばらしてメモにする

途中まで書いてしまったものなどは使えそうなところを切り取りましょう。

大きさも手帳サイズなら小さめなので、問題集やテキストに挟んでおいてちょっとしたことをメモしていくのに便利です。

量が多い場合は、クリップなどで止めて机のあたりに置いておくと必要なときに一枚ずつ取って使いやすくなります。

その日やることをメモしたり、ボールペンを使うときにちょっとためし書きをしたいときやスタンプの試し押しをしたいときなどにも使えます。

 

もちろんそのまま手帳として使えればそれでよいのですが、そのまま捨てるのはもったいないなあと思った場合、こんな感じで使ってみてはいかがでしょうか。