お勉強のたまてばこ

資格試験や趣味のお勉強について♪

カバンを使いやすくするために

今週のお題「カバンの中身」

今回もカバンの中身について……カバンの中をどう整理していくかという事です。特に大きなカバンの場合。

これについてはいろいろ試行錯誤しました。前は何でも思いつくままにカバンに入れていて、とっても重いカバンを持ち歩いていたのですが、必要なものが必要なときに出てこない!ということが何度もありました。

書類などの下に、ハンカチやリップクリームが入ってしまって見つからなかったり、いただいたキャンディーなどをバッグのポケットに入れておいたつもりがいつの間にか外に出ていてしかもドロドロに溶けていたり。

仕事や学校に持っていくカバンは大きいため何でも入れてしまいがちですが、そうするとこんな悲惨なことが起こるわけで。これをなんとかしないとな、と考えた方法が

すべてポーチに入れてしまう という事でした。

↓こんな感じのポーチをいくつか用意して使います。

 

書類を持ち歩くときでも、ファイルごとこのポーチに入れてしまいます。後で片付けもしやすいですし、バッグを変えるときもらくらくです。

雨が降っても中身は濡れないし、用途別にポーチを分けておけばいろいろ混ざってしまう事も防げます。溶けたキャンディがバッグや書類を汚すこともなくなります。

お勉強道具もペンと教材を一つにまとめておけばすぐに見つかります。

大きさやデザインはいろいろなものがあるので、用途別にいくつか揃えておきましょう。小さいものは目立つ色のほうがバッグの中で迷子になりにくいです。

こういったポーチは100円ショップで売っていたり、雑誌の付録でついていたりすることもあるので、使いやすそうなものがあれば手元に置いておくとよいでしょう。

 

あともう一つ便利だと思ったのが、ポーチに貴重品をまとめておくことです。

試験の日など、見直し用の教材や昼食などで荷物が重いので、トイレに行くときは大きなカバンを席に置いて、ハンカチと財布、スマホぐらい持って身軽になりたいものですよね。車に大きい荷物を置いて、貴重品だけ持って買い物に行きたいというときもあります。そんな時、貴重品用のポーチを用意しておけばそれだけ持っていけます。ショルダーやハンドストラップがつけられる金具がついているとより持ち歩きやすくなって便利です。

大きなカバンから財布を出す時にも、財布がどこに行ったかわかりやすいので、使いやすいですよ。

 

 こんな感じで、大きなカバンを持っていくときは中にいくつかポーチを入れて仕切りのようにして使っています。こういった形にしてから整理しやすくなりましたし、物が見つからないこともなくなりました。カバンの中が汚くなってしまう、という方は是非こういったポーチを活用してみてください。

スキマ時間をお勉強に利用するために!

今週のお題「カバンの中身」

という事で、今回は私がカバンの中に入れているもの。もちろん財布とかスマホとか手帳とか当たり前のものも入っていますが、一応お勉強グッズも入れているのでそちらを書いておこうかと思います。

  • コンパクトな教材

外出中意外と暇な時間はあるものです。病院や電車の待ち時間とか、人を待っている時とか。そういった時にボーっと過ごしてしまうのも何なので、すぐに取り出せる教材を用意しておいたほうがいいと思います。大きいものは出しにくいし持ち歩けませんので、普段の教材とは別に持ち歩き用のコンパクトなものを用意しましょう。

いつもその時受けている試験のポケット版教材が入っています。

私は今こんなものを入れています。版はこれより一つ前のものですが。

 見開きで左がポイント解説、右が問題になっているタイプです。基本的な問題集ではありますが、何度やっても間違えるところがあるので、印をつけながら解いていきます。直前になったら印や付箋がついているところだけ何度も見直します。これがきっちりできていた科目は今年の試験で点数が良かったです。とにかく空いた時間で繰り返すということがしやすいのは効果があると思います。

来年に向けてこのテキストでの講座もスタートしているようですから、興味がある方は見てみるのもいいかもしれません

 

他の試験でも同じようなコンパクトな教材がたくさんありますから、何か一つ買っていつもカバンに入れておくのがおすすめです。例えば簿記の時は仕訳問題集をいつも入れていてとにかく空いた時間があったら確認して暗記しました。

 まあ、頭の良い人なら一度見たら覚えられるのかもしれませんが、私はそうではないので、とにかく回数で勝負する感じです。コンパクトなものならいつも持ち歩けて、同じところを繰り返して見ることができるので記憶に残りやすいと思います。机に向かって勉強できる時間は限られますから、こういう教材も用意してちょっとしたスキマ時間でも上手に利用していきましょう。

  •  文房具

ペンケースなどは特に持たないので、黒赤ボールペン+シャープペンの複合タイプを一つ、消えるボールペンを一つ、メモ帳を一つ入れています。必要に応じて付箋も持っていきます。そのまま入れるとバッグの中で行方不明になったり、折れたり汚れたりするので、その時使う分をしおりなどに貼り付けて教材に挟んでおくと便利です。

 

 

お勉強に関するものはこんなところでしょうか。確かにカバンはちょっと重くなりますが、時間を有効に使うには必要なのだと思います。

暑いからリビングで過ごす

昨日まではそれなりに過ごせる気温だなと思っていましたが、さすがに今日は暑いですね。あまりの暑さに外出の予定を取りやめました。

数年前までは、暑いと思っても窓を開けて扇風機をかけていれば何とかなったのですが、最近はそういうわけにもいきませんね。一日中エアコンかけっぱなしです。

 

リビングにしかエアコンはないので、仕方なくリビングで過ごしています。さすがに自室で仕事ができる状況ではなくなって、仕事や勉強をするときのためにとリビングに簡易デスクを持ち込んでいます。

食事に使うテーブルと仕事や勉強をするテーブルを分けられるのは便利です。汚したくないものもありますからね。

 折りたためるから!と購入したのですが、結果的には折りたたんで収納したことはなく、リビングの隅にずっと置きっぱなしになっていて、使わない時は物置になっています。それはそれで便利。買ってよかったアイテムです。

 さて、今日も上の荷物をよけて使いますか!

気を付けないとコワい話

今週のお題「ちょっとコワい話」

今日は夏になると思い出すちょっとコワい話を二つほど。反省を込めて。

一つ目。

某資格試験を受験した際に、試験前日に法改正があったことに気が付いたこと。

……

ほんとにね、これ実際にあると背筋が凍るからね。冷や汗が出るからね。

前日だと今からどうすることもできないし。

これはかなり昔の話で、当時はインターネットも今のように発達していなかったので、情報をすぐ入手するのが難しかった……当時最新版のテキストでも反映されていないものが結構あったのです。

今はいくらでも情報が出てますから、法改正などは随時調べて情報を得ておくことをお勧めします。

 

二つ目。

数年前の司法書士試験で午前29問正解し、「基準点(足きり)は通ったな!」と思っていたら、基準点が30問だった……

この時はショックでしばらく呆けていました。悔しさをばねにすると良く聞きますが、悔しすぎると何していいかわからなくなるものです。今まで基準点30問になったことなんかないのに!!(まあそれだけ問題が簡単だったという事なのでしょうが)

自分的にそこそこ行けてる?と思っている時にダメだったりすると軌道修正が難しいです。もともとダメだと思っている時は別にそんなにショックではないのですけどね。もっとかすりもしない点だったことはたくさんありますが何も思いませんでしたから。謙虚になったほうが心が折られなくて済むかもしれません。お勉強もスタートしやすいですしね。

今年もそろそろ基準点発表なのでなんとなくこの時のショックを思い出してこわーい気分になってしまいます。

 

というわけで、私が夏に経験したちょっとコワい話でした。

読んでくださっている方はぜひ、こんな風にならないように心がけてくださいね……

 

宅建の勉強を始めたばかりで民法挫折しそうな方に

宅建の受験申し込みは先月一杯でしたので、すでに受けようとされている方は申し込んだのではないかと思います。とりあえず勢いで申し込みだけしちゃったけれどどうしよう、と思っている方もいるでしょうか。

まだまだ試験まで十分時間があるから今何もしていないという方も大丈夫なはずです。私は確か8月の末あたりに宅建用の教材を買いましたから。実質始めたのは9月ごろです。それでもなんとかなるものです。

 

ただ、まったく法律に触れたことがない状態で勉強を始めるとちょっと厳しいと感じることもあるのではないかな、と思います。特に民法

総則部分が特に重たい感じがしますよね。代理とか重要論点ではありますが理解に時間がかかる部分が多いです。わからないことのうえにわからないことを塗り重ねていくので、頑張ってもやっぱりわからない。

テキストの最初のほうにあるものだから、何とかそこからやろうとすると総則を出ないままに挫折してしまいがち。古書店でテキストや問題集を見ていると、書き込みが総則の前半だけというのが多くあります。きっとみんなここで挫折しているんだろうな。

 

というわけで、挫折してしまった、してしまいそう、という方はとりあえずテキストの順番は無視して興味の持てそうなところからやっていくとよいと思います。

オススメは親族相続から始めること。ここは覚えることは多いですが単純知識問題が多いので、覚えたらすぐに点数につながります。できたという達成感を感じやすいので、勉強を続けやすくなります。

また、代理したことがある人とか、土地を持っている人とか、債権を持っている人とかは少ないでしょうが、親族がいない方や相続と無関係な方はほとんどいませんよね。「このケースを自分に当てはめたらどうなるのかな」と考えていくことで、イメージしやすくなるし覚えやすくなります。こうした勉強方法が取れるのも親族相続分野の良いところ。

こうしたイメージをしやすいところから始めていくことで、スムーズにお勉強を進めていくことができて、お勉強のリズムをつかんで続けやすくなります。一部でも問題が解けるようになると、スキマ時間なども勉強に当てやすくなるというメリットもありますよ。

 

もちろん民法がとっつきにくかったら、他のなじみがあるところから始めてもいいです。不動産業で働いているなら宅建業法になじみがあるという事もあるでしょう。最終的にはトータルで合格点がとれればいいのですから、できそうなところからどんどん進めていきましょう。

 

ご褒美にアイス

今週のお題「好きなアイス」

最近は暑いので、ご褒美に何か食べようかな、と思った時にアイスを食べることが多いです。

最近のお気に入りはこれ↓ 和菓子のようで贅沢感があります。ついさっき食べていました……

 秋冬はガーナのアイスを良く食べていました。

 チョコ部分とクッキー部分が合体していて一本で二度おいしいのです。

 

他にもいろいろ食べていますが、「食べた!」という満足感が得られやすいのはこの二つですね。ご褒美としては最適だと思います。太るけど。

レベルアップのために4コママンガでお勉強

マンガでお勉強するのがいいよ! という事は以前から取りあげていました。

マンガから勉強スタート<宅建編> - お勉強のたまてばこ

マンガから勉強スタート<簿記編> - お勉強のたまてばこ

今日はその中でも4コマ形式のマンガについて。

 

資格試験参考書のマンガとしては、単元単位で一話となっているものと、項目ごとに4コマ漫画になっているものの二つに大きく分けられると思います。

勉強初期段階では、全体像をつかむために単元ごとに話が作られているものの方が読みやすいですし、わかりやすいと思います。勉強を始めてそれほどたっていない方はまずはこうしたものを手に取ってみるのが良いでしょう。

 

ただし、ある程度お勉強が進んできて、弱点補強をしたいという場合にはちょっと向かないこともあります。1話が長すぎると、読む時間もかかります。試験近くは自分のわかっていないところを中心に見ていきたいものですが、その時に見たいところを探すのも手間ですし、全体の流れを重視しているという事で、細かいところまでまんがで触れられていないことも多いものです。

その点、項目別の4コマだと、見るべき部分が分かりやすくその部分だけ何度も目を通すという事もできます。間違えた問題に関するところだけ目を通しておくこともできますね。マンガ自体が4コマと短いとそのまま覚えてしまいやすいです。復習はやりにくいものですが、まんがですっと入っていけると楽になります。

 

私は今年の試験前に、憲法で間違えた問題の判例を確認するのに↓を使ってました。憲法はあまり時間を掛けたくなかったので、まんがで事例のイメージがつかみやすいのは便利でした。

 

 簿記の場合は、通しで書かれているタイプのマンガも利用したのですが、2回目の受験の際に工業簿記だけパブロフ君のやつを使いました。これも4コマなので使いやすいです。一通りやった後は、間違えるところだけをこれで復習していました。その際マンガが目に入るので、イメージがしやすくなります。これのおかげで苦手だった工業簿記が得点源になりました。

 

ある程度勉強が進んできていて、いまさらマンガもないだろう、と思っている方もいるかもしれませんが、4コマ形式の物なら勉強が進んだからこそ使えるといえます。弱点があると感じている場合、こうした4コマ漫画を取り入れた教材を探してみてはいかがでしょうか。やりにくい復習がぐっと楽になります。