お勉強のたまてばこ

資格試験や趣味のお勉強について♪

リベンジを考える(FPと簿記)

試験前でお尻に火がついてるよ!という事で久々の更新です。

ちょっと前になんとなくアクセスが増えてるなあと思ったら、簿記やFPの試験があったのですね。受けられた方はちょっとひと段落という感じでしょうか。

 

ある程度合格が見えている方はしばらく一息、という感じで良いでしょうが、多分全然届いていないな~という方は次に向けてやるべきことを考えておきたいところ。スケジュール的に許されるなら次の試験を受けてみたほうがいいです。今頭に入っていることを維持できますからね。しばらく間をあけてしまうと思った以上にすっかり忘れてしまいます。また、3級を受けて次は2級、という方もそろそろ次を考えて動いたほうが良いですね。

 

さて、今回駄目そうな方はリベンジということになるわけですが、その前になぜだめだったのかをちょっと考えてみましょう。

そもそも勉強時間が足りなかったという事であればこのまま続けていけばよいですが、やっているのに苦手なところがある、今使っている教材で対応できそうにない、という事であればちょっと教材などを見直していく必要があるかもしれません。

「教材を変えるのはよくない」みたいなことを聞きますが、これは試験によると思います。

 

FPだったら基本的に教材を変えないで取り組んだほうが良いです。今ある教材を何度も繰り返して「確実にわかる」部分を増やしていきましょう。広げようと思ったらどこまでも広げられますが、そうするとあいまいな知識ばかりになってしまって、結局選択肢が選べなくなってしまいます。FPは絞ることが肝心です。

ただし、今回の試験でどれぐらい自分の持っているテキストが対応できていたのかは一度見ておくとよいですね。今回間違えたものだけでもよいので、テキストに記述があるか見てみましょう。テキストに記述があるなら、教材が悪かったのではなく勉強が足りなかったのです。明らかに今のテキストだけでは合格点に行かないという場合はテキストを変えるのもアリです。十分合格点取れるようであれば、その教材を繰り返して覚えきるつもりでやりましょう。満点をとれるように、と考えるとどこまでも範囲が広がってしまいますからね。

私が使ったテキストの新版がこれ↓ 3級から2級までテキストは一冊でやりました。

 

簿記の場合は少し事情が変わってきます。

一つ知識を入れたらそれが点になるというものではなくて、ある程度考え方や処理の仕方を理解していないと問題が解けないので、覚えるだけではなくて理解しなくてはなりません。もちろん今回出た問題だってテキストに書いてはあるはずですが、それが理解できるかどうかは別問題ですからね。FPだったら単に書いてあることを覚えればよいですが、簿記は理解して応用できるようにならないと点数につながりにくいのです。(仕訳問題は暗記で対応できますが、それ以外は理解しないとダメでしょうね)

人によって理解の妨げになっているポイントは違いますし、テキストも書き方がそれぞれなので相性があります。このテキストである問題はわかるけれど、他の問題は理解できないという事もあります。

苦手分野があるようなら、その部分のテキストが自分にあっていないのかもしれません。苦手部分だけ、テキストを本屋さんなどで見比べてみて、わかり易そうなものを買ってみましょう。簿記の場合、一つのテキストに固執する必要はないと思います。一単元だけでも他のものを利用するというのは有効です。

私は「サクッとうかる」シリーズを使っていましたが、どうしても工業簿記が苦手だったので2回目はこれ↓をプラスしました。

 もちろん前のテキストが悪いという事ではなく、両方使ってみてよかったなあと思うので、もし今の状態で伸び悩んでいるなあと思う方はこれに限らず、自分にとって分かりやすいかなと思う教材をプラスしてみてください。

 

今日はリベンジの仕方について、対照的な二つの試験について取り上げてみました。今回だめだった、これからどうしよう~と思っている方の参考になればと思います。

もったいない~

模試を受けていて、そこそこ手ごたえがあったのに思ったより点数が低かったということがたまにあります。

よく見直してみると「正しいもの」「誤っているもの」を逆にしてしまうことがあるようなのですね。どうしても選択肢の内容に注目してしまって、その上の問題文をよく見ていないという事が原因のようです。

最近は意識しているのでそういったことも少なくなりましたが、隣の問題と勘違いしてしまうという事はたまにあります。

問題文は冒頭も含めてよく確認しましょうね。

 

添削する側としてはやっぱりこういう「もったいない」状況を良く見かけます。特に課題文付きの小論文などは注意しましょう。

課題文を踏まえたうえで「何を聞かれているのか」をチェックしてください。通常はその課題文に対して賛成か反対かなど自分の見解を述べていくというものが多いですが、そうでないものもたまにあります。「いつもと同じだろう」と思い込んでしまうと、問いに答えることができなくなってしまうのです。

問われていることを間違えてしまうとまったく的外れな回答になってしまうので、しっかり書いていても点数的には低くなってしまいます。

課題文を読んだら、もう一度冒頭の問題文をチェックする癖をつけておくとよいでしょう。

本質的なことでないことで減点になるともったいないですからね~!!

 

ダメだと思っても

今週のお題「私の沼」

このお題を見た時に「ああ、今まさに沼にはまってるわ~」と思ってしまいました。もう何年も司法書士試験を受け続けていますが、抜けられそうな気配がありません。確かに前よりできるようになっている感覚はあるのです。しかし、さらにその先に深いところがある感じ。これが「私の沼」ですね。

先に進んだら抜けられるのかな?と思いながら進んでいったら足をとられて戻ることもできなくなった感じです。とにかくあがいている感じです。これまでかけてきた時間と労力と費用を考えると簡単にあきらめることもできない……

 

ただ、合格した試験で「もう大丈夫、やりきった」と思って試験を受けたことなんて一度もないなあという事も感じています。たとえて言うなら無茶苦茶に体を動かしていたらいつの間にか岸に上がっていたという感じ。

簿記とか、一度不合格だったこともあって自信がなかったですし、苦手な部分は苦手なままでしたから、やりきった感じは全くしなかったのです。そのままバタバタしていたら何とかなったので、とにかくもがいてみるしかないのでしょうね。

 

試験なども多い時期ですから、直前になって「もう駄目だから今回は受けるのやめよう、ちゃんとしてから受けよう」と思っている方もいるでしょうが、そのちゃんとする日は多分来ません。少しでも前へ上へ進んでいく努力をしながらとりあえず受けてみましょう。

落ちても死ぬわけではないですし、もしまったく届かないレベルであったとしても受験して会場の雰囲気を知ることや自分の力の足りなさを実感することは無駄ではないと思います。

私も試験日までできるだけもがいてみようと思います。

 

夏のおやつ

今週のお題「おやつ」

試験が近くなってくると余裕もなくなってきます……長時間勉強していると甘い物がほしくなるので、机の上におやつを出しておくことが多いです。「このページまで行ったらチョコレート食べる……」なんて思いながら、ご褒美として使っています。

今までは普通のチョコレートでよかったのですが、暑いとチョコレートがとけてしまうので悩みどころです。うっかり置きっぱなしにしていたり、ポケットに入れておくとドロドロになっていることもあります。チョコレートをお勉強のおともにする方はそろそろ暑くなってきましたのでご注意ください。

比較的とけにくいので持ち歩くときなどに買うのが↓試験当日にも持っていきます。袋を開けてもチャックがついているので、少しずつ食べられます。

 

これ、試験会場でも結構持っている人を見かけました。みんなストレスを感じているのですねえ。

 

おやつがチョコレートなど甘いものなので、飲み物はちょっとさっぱり系にしたいなあと思い、今は炭酸水を飲んでいます。炭酸が刺激になってスッキリしますし、眠いときは目が覚めやすい気がします。

 おやつを上手に使って、お勉強の疲れとストレスを減らしていきたいものですね。食べ過ぎると体重に反映してしまうのがまた悩みどころですが……

 

髪を切りました~

久しぶりの更新です。さすがに試験が近いとやらなければならないことが多いので時間が無くなりますね。

今週のお題「髪型」

という事なのでそれに関することを書いてみようと思います。

実はちょうど数日前に髪を切りました。毎年このぐらいの時期に切っています。そのまま一年ぐらい伸ばして、またこの時期に切るという感じです。

暑くなるのと、試験が近くなって髪を洗う時間をできるだけ少なくしたい!という事がこの時期に切る理由です……

洗うのも楽で乾くのも早いので助かります。

 

ついでにシャンプーも変えてみました。寝癖が付きにくいそうです。

男の人でも使えるような宣伝をしていますね。確かに香りがそれほど気にならないですし、乾きはそれなりに早いので使いやすいです。

 

試験が近くなると余裕がなくなってきて、生活の中での細かいことにまで気を配れなくなってくることもあるので、できるだけ楽になるようにしておくことも大切かなあと思います。

ゴールデンウイークの予定と締め切りの効果

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

そうですね、世の中はゴールデンウィークなのですね。

私は特にレジャーの予定もありませんが、このゴールデンウィーク中に模擬試験を一つこなす予定が入っています。

そこまでまだ数日あるわけですが、それまでにまとめ本を一周回しておこうと現在頑張っているところでもあります。

むしろいつもよりやることは多いです!

 

単純にやろうと思っている問題数を残り日数で割ったので一日分が結構な量です。昨日は深夜2時過ぎまでやって何とか終わらせました。

それでもただひたすら問題をできるだけ解こうとするより、「ここまでやる」と明確に決めてしまったほうがこなしやすいですし、量的にも多くこなせる気がします。大変でも意外となんとかなってしまうものです。

これがやれるところまで、という形になると進まないままになるのですよね。

なんとなく勉強が進まなくなった、という方は自分なりに締め切りを設けてみてください。そこまでの間一日当たりやる量を明確にしてみましょう。

 

 

得意科目はスランプを抜けるのに役立つ

さすがに勉強しないといけないので久しぶりの更新です。

試験が近くなるとそれまでよりは勉強量が増えるものですが、それ故に調子が悪いとやる気が出なくなります。

昨日の私がそうでした。普段だったら別に調子が悪かったらお休みしてもいいかなあと思うのですが、結構やるべきことはいっぱいで、何もしないわけにもいかず、かといって講義動画を見ていてもさっぱり頭に入ってこないというか、集中できないというか。問題を見ても目が文字を滑って行ってしまうというか。

 

今日もなんとなくそれを引きずってしまいそうだったので、とりあえず得意なものに取り掛かりました。私は民法の相続とかが好きです。問題文も短いのでポンポン解いていくうちになんとなく勉強モードに戻ることができ、苦手な分野についてもそのまま解いて行けました。

 

基本的には「苦手な分野に時間を割く」ということが重要になるのでしょうが、それでイライラしてしまったり頭が動かない、というときには得意なものをやってみるとよいと思います。(そこでマンガやゲームに手を出すと戻ってこれなくなります)

苦手な物ってある程度勢いとかやる気とかがないと取り組みにくいものです。その勢いをつけていくために、得意科目でウォーミングアップをしていくのです。

もちろん苦手な科目への対策は必要ですが、「自分はこれが得意!」と言えるものを持っておくことは、こういった時にやる気を出すために役立ちますよ。