読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お勉強のたまてばこ

資格試験や趣味のお勉強について♪

「ひとり飯」を考えておくことも受験準備の一つ

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

今日はお題に乗っかってみようと思います。

試験の時にはどうしても「ひとり飯」になってしまいますね。受験仲間がいる方は別ですが、独学だとどうしてもそういう仲間が作りにくいですし。机に向かって黙ってひとり飯。

午前と午後にわたって行われる試験の場合お昼ご飯の用意は必須です。近くにコンビニがあれば買いに行くこともできるかもしれませんが、同じことを考えている人も多いはずなので食べやすそうなものは全部売り切れなんてこともあります。田舎だとそもそも店がないなんてことも多いので、事前に購入して持っていったほうがいいですよ。買いに行っている時間ももったいないですし。その分暗記事項の確認とか気分転換とかをしていたほうがよほど良いですね。

私が思う試験の時の「ひとり飯」の条件は……

・悪くなりにくい

前日に購入して持っていくなんてことも多いですから、時間がたっても、気温が高くてもそれほど悪くならなそうなものにします。

・汁が出ない

いくら美味しくても汁が出るようなものは持ち歩きやゴミの処理に困ります。机を汚してしまうと答案の汚損につながるかも。

・冷たくても食べやすい

試験会場で温めることができないので、冷たい状態でもおいしいものを選びましょう。

・食べたことがある(お腹を壊さない)

はじめて食べるものを持っていくことはお勧めできません。食べたことがあって、お腹に影響しないものを選びましょう。午後の試験でお腹が痛くなったらトイレに行ったり集中できなかったりで結果に影響します。事前に何度か食べてみて影響がないかをチェックしましょう。飲み物も同様です。

・好きなもの

これ結構大切なポイントだと思いますよ。午前中に思うようにいかないと精神的に参ってしまいがち。そういうときに好きなもの食べるとちょっとホッとできます。試験の時の「ひとり飯」は気分転換の意味もあります。

私はお昼ご飯にデザートとしてコンビニのチーズケーキを持っていきます。以前具合が悪いときに食べて良くなったことがあるので、ゲン担ぎの意味も込めて。

 

こういったポイントを考えてお昼ご飯を選んでいくわけですが、私は最近惣菜パン+チーズケーキ+眠気防止の缶コーヒーの組み合わせになっています。

何が自分に合うかは食べてみないとわからないので、試験が近くなったらお昼ご飯について考え、模試の時に食べ物についても同じように食べてみるなどしておくとよいでしょう。

 

Sponsored by Netflix

オススメの古文勉強法2 枕草子を読んでみよう

すっかり春ですね。今日はちょっと天気が悪いですが、桜が急に咲いています。天気が良ければお花見にぴったりなのですが……

春と言えば「春はあけぼの……」枕草子を思い出す方も多いのではないでしょうか。前回は源氏物語について取り上げたので、今日は枕草子をどう読んでいくか、という事を書いてみたいと思います。

studybox.hatenablog.jp

枕草子はつまらない?

私、今でこそ枕草子が好きですが、高校生のころはどうしても好きになれませんでした。古文でエッセイ、と言われてもなんとなくぴんと来ないし、意味がよくわからないこともあるし……

源氏物語は小説で、ストーリー性があるのでなんとなく読みやすい部分もあるのですが、話があちらこちらに飛ぶ枕草子はじっくり読みにくいです。同じように感じている方も多いのではないでしょうか。

これはねえ、仕方ないのですよ。清少納言周辺の人間関係とか知っていないと、何でこんなことが書かれているのか全く分からないという。最初はちょっと頑張ってそのあたりの知識を入れておかなくてはなりません。逆にわかってくるとあくまでフィクションである源氏物語よりはよほど読むのが楽しくなりますよ。実際にあったことなども書かれていますから。

今でいえば、よくわかんない人のブログやツイッターを追いかけているような感じと思えばよいでしょう。「〇〇ちゃんがなんとかかんとか言ってた~」「今日のお昼で~す(写真)」「今日見た景色(写真)ちょーキレイ!」みたいな。

知らない人のこんなコメントを見ても何がなんだかよくわかりませんが、これがお友達など親しい人ならちょっと受け止め方が変わってくるはず。

というわけで、枕草子を原文でがっちり読もうとする前にまず、清少納言とおともだちになってみてください。

 

はじめに読んでほしいマンガ

とりあえずこれから枕草子を読もうとしている方にお勧めしたいのがこの漫画です。大人になってから読んだのですが、学生のうちにこれを読んでいればなあ、とちょっと後悔しているほど。

可愛い絵ですらすら読めるマンガです。それで何となく登場人物と起きた出来事の流れが分かってきます。すべてについて載っているわけではないですが、まず清少納言がどういった人なのかな、周りにどんな人がいたのかな、どういうことがあったのかな、という事をざっくりつかむには適しています。これから古文を勉強しよう、枕草子を読もうという方は、まずはこれから読んでみてくださいね。

 

現代語訳のおすすめ

枕草子は現代語訳がたくさん出ています……が、普通に現代語訳を読んでいても面白味を感じにくかったり、なじみにくかったりしてしまいがちです。

厳密に意味をとっていくというよりはまず一通り読んでみることが大切。というわけでお勧めしたい現代語訳本がこれです。

ちょっと独特な現代語で書かれていて、面白く読めます。文の流れとかはほとんど同じなので、後で原文を見た時に照らし合わせやすいです。ただ、そのために現代の言葉としてはちょっと不自然な形になっていることもあり、すんなり読めるというわけではないかもしれません。

人間関係などちょっとわかりにくい背景がある時などは清少納言がしゃべっている形の解説がついていて、難しい注釈つきのものなどよりも楽しく読めます。

はじめは理解できなくてもいいから、なんとなく楽しんで読んでみましょう。SNSを見るように、なんとなくでいいです。何回か繰り返していくと自然に頭に入ってきます。テストに出た時「あー!あの話ね!!」となる時が来ます。

この前にさっきの「まんがで読む古典」を読んでおくとより理解しやすいと思います。

 

ついでに百人一首

清少納言枕草子だけに出てくるのではなく、百人一首にも出てきますね。彼女は代々続く歌人のお家に生まれているのでそれなりには詠める人だったようですが、すっごい得意というわけではなく、詠むのを嫌がっていたとか。

百人一首に選ばれた歌はセクハラ発言への切り返し……だったそうですよ。(ついでにそのあと相手のセクハラ発言は下品度がアップした)

こういう背景を知ると「ああどんな歌だったのかな?」とか興味も出てくるのでは?

ちょっと興味出てきた方にお勧めなのがこの漫画。

 テレビアニメにもなったので見たことがある方もいるかな?

3巻は清少納言が主役のようなものなので枕草子と一緒に読むといいと思います。非常に読みやすくそれなりにポイントをおさえているなあと思うマンガです。

 

こういったマンガなどを読んだうえで、本格的な現代語訳の本や原文に当たっていくとはじめから真面目な本で学ぶより面白いです。

勉強するうえで『面白い』と思う事はとっても大切です。定着もしやすいですし、自分から積極的に調べることもしやすくなります。楽しむためにこうしたマンガなども上手に取り入れてみましょう。

まんべんなく問題を解きたいとき

通常、問題集は分野別などでまとめられていますよね。(年度別の過去問などは別にして)勉強初期はそのまま解いていけばいいのですが、ある程度勉強が進んでくると一日に多くの範囲の問題に触れておきたくなるものです。

本試験では全範囲からまんべんなく出されるものですからね。

 

そこで、問題集をまんべんなくやるために私は問題集に挟むメモを作ります。一枚白いメモを用意してみてください。問題集より小さなものがいいです。はさんでおくので。

そのメモに、問題集をこなす日数分数字を書きます。例えば5日なら

1 2 3 4 5

 

その下に、続きの数字を書きます。

1 2 3 4 5

6 7 8 9 10

11   12   13   14   15

(問題数の数だけ続く)

 

そうしてできたメモの数字を縦に見て、それを一日分として解いていきます。

この例なら1,6,11……と解いていくのです。

次の日は2,7,12……です。

 

本試験の問題数と合わせて時間をはかって解くと試験のシミュレーションにもなりますね。

さっきこのメモを作っていたので、なんとなく思い出して書いてみました。試験の直前になると全体を解きたくなるのでこうした形でいつもやっています。

解きなれて飽きてきた問題集を別の形で解いてみたい方はやってみてくださいね。

 

 

新年度スタート! 一日にひとつやってみよう

4月を迎えて初めての月曜日、入社式などが行われるところも多いようですね。

いよいよ本格的に新年度スタートという感じでしょうか。

 

新しいことはじめよう!と思って意気込んでいる方もいるでしょうか。

最初はいいんですけどね。数日たつとちょっと疲れてくるというか、さぼりがちになるというか……いわゆる三日坊主になりがち。

 

これまで三日坊主であきらめてきたものがたくさんあるという方、ちょっと飽きてきたなと思ったら目いっぱいがんばろうと思わないで、一日一つ何かをやってみるという事を心がけましょう。

ちょっとテキストをめくってみるとか、問題を一問だけでも解いてみるとか、マンガのような参考書を寝ながら読んでみるとか。

本当にちょっとしたことでもいいので毎日触れておくと、再びやる気が出てきたときにゼロからではなくちょっと進んだところからスタートできます。触れつづけていることで、自然に身についたものがあったり、苦手意識を持ちにくくなったりするのです。

ほんのちょっとでも、たったの一歩でも、無駄にはならないものですよ。

 

今週あたり最初の「飽き」が出てくる方も多いはず。せっかくやろうと思ったことがあるなら出来れば続けてみたいですね。

三日坊主になりそうなら、ちょっとこのことは頭の隅にでもとめておいてくださいね。

 

 

今日から4月ですね!

私は4月になったら本気出す!とか思っていました。エイプリルフールだからと言って別に嘘ではないです。

さーて4月だぞ♪ととっておいた模擬試験の問題をやってみたらさっそくボロボロだったので大変凹んでおります。

まあ、ここから再スタートだと思って頑張ります。毎年こんな感じです。

 

特に今なにもお勉強していないけれど……という方も、何か気になることをやってみるのがお勧めです。漠然と勉強していくというよりは、何か資格を目指してみるのがいいかもしれませんね。

必ずしもやっていることが仕事や生活にすぐ役立つというわけではありませんので、やっていてもその意味を見失ってしまうという事もあります。その点、資格取得するぞ~と思って目標に向かっていくと続けやすくなります。後で何かに役立つかもしれませんしね。趣味でもお料理でも何でもいいので、関連資格にチャレンジしてみましょう。

とりあえずやってみたい事の本を一つ買って眺めてみるのもおすすめです。ある程度基礎知識を入れておくと、どういった教材が必要なのかな、という事も自分で判断しやすくなってきます。本屋さんなどで気になった本を一つ買ってみましょう。

どうしてもやりたいことが分からない、絞れないという場合はこんなのやってみてください。

 ぴったり講座診断

 LECeアフィリエイトクーポンキャンペーン

 両方ともやってみました。結果として出てきたのが私がすでに取得している資格だったりするので、それなりに当たっているような気も。

 

せっかくの新年度のスタートですから、自分には関係ないと思わずに一歩踏み出してみたいものですね。

勉強もスケジュールに入れることが大切

そろそろ新年度という事で、手帳やカレンダーを4月始まりのものに変える方も多いのではないでしょうか。

手帳などには人との約束や行事、仕事の予定などを書き込むと思いますが、何かの勉強をしている方は「勉強の予定」も入れておくことをお勧めします。

「余った時間に勉強しよう」と思っていると大抵時間は余りません。気が付いたら忙しくて一週間全く手を付けていなかったなんてことに。

出来れば勉強する日と何をやるかについては決めておきたいところですね。それを手帳に書き込んでしまいましょう。書き込んでおくことで自分自身「やるべきこと」を意識出来ます。書いてあることができれば今日はクリア!と達成感を感じることもできます。達成感は大事。

 

貯金などもそうなのですが、残った分で、と思うと結果的にたまらないものです。勉強時間も同じ。先にキープしてしまう方が残りでやろうとするよりもこなしやすいものです。

講義を聴く、模試を受けるなどという予定もしっかり入れておくと「いつの間にか遅れてしまう」ということが少なくなります。通信講座などを受けている方はいつでも受けられると思って溜めてしまいがちなので特に気を付けてみてください。

これから手帳に記入しようとしている方はこの点についても考えて、お勉強の予定についてちょこちょこと書きこんでいってくださいね。

 

マンガから勉強スタート<簿記編>

勉強しようと思っても、最初はなんだか進みにくいものですよね。テキストを見てもわからない言葉が多いですし。それを勉強するんだという話ですが、ある程度基本的な知識は入っていないとテキストすら読み進められません。

その点比較的簿記のテキストはイラスト込みで分かりやすく作られているものが多いと思います。私は「サクッとうかる」シリーズをメインで使っていましたが、小さなキャラクターのイラストは入っていました。

ただそもそも簿記に触れるのは初めてだったので、ちょっとイメージしにくい部分もあるかな?と思い、別にマンガを取り入れてみました。

 

 とりあえず一度これを読んでみて、そのうえでサクッとうかるシリーズで勉強していきました。サクッとうかるシリーズと連携しているので使いやすくて便利でした!

ごろごろしている時になんとなく読んでみたりできますしね。

本当ならお勧めしたい……! でも改訂されていないんですよね。この後も結構変更がありましたし、今年結構大きな出題範囲の変更があるのでこれに頼ってしまうのは不安が残るなという感じです。

ただ、基本的な部分としては変わっていないと思うので、古本などで安いのを見かけたら手にしてみてもいいかな?と思います。暇な時にぱらぱら見てみてください。

 

 

もう一つ、オススメとして↓のシリーズをあげておきます。

 

 私は2級を2回受けていて、2回目で受かったわけですが、2回目でプラスした教材がこれです。

特に工業簿記はどういう流れでどういう処理をするのかわかると問題が解けるようになってきますが、マンガだとそのイメージがしやすいので早く問題と解くところまで進めるのです。とりあえず先にこれ読んでおくと理解が早いと思います。

私は、テキストとしてすでに別のものを使っていたのでさらに購入するのもなあ……と思っていたのですが、結果として買ってみてよかったです。

勉強マンガ!という感じではなく、いい感じで力が抜けたマンガ。

世の中猫ブームのようですが私は犬派なので犬が出てくるのもポイント。

今年の試験にも対応しているので、これから受ける方は新しいものを購入してください。

別にこの出版社の回し者ではないですが、1回目からこれ使ってればよかったな!と思ったのでちょっとプッシュしておきます。他にメインテキストを決めていても、暇な時にだらだら読む用として買っておいても損はないと思いますよ。苦手な科目だけ買うのもいいかもしれません。

 

意外だったのですが、簿記のマンガ教材って少ないですね。さっき書店で見てみたらほとんどなかった……テキストにある程度イラストが入っているからかもしれません。テキストで十分理解できるならそれでもいいとは思いますが。

マンガでもイラストでもよいですが、机に向かってバリバリ勉強するという気分でもない時になんとなく手にとれるようなお気に入りの教材を持っておくとよいでしょう。忙しい方や疲れやすい方には特におすすめです。どれがいいかは個人のセンスや好みで変わってくると思うので、いろいろ見比べてみてくださいね。